ミライ(Mirai)ウイルスってヤバイの?


最近インターネット上で猛威を振っているウイルスが話題です。
そのウイルスの名前は「ミライ(Mirai)」。
ミライが今までのウイルスと決定的に違うのはインターネットにつながる家電製品などのIoT機器を乗っ取るということだ。今までのサイバー攻撃はPCやスマホ、サーバなどがターゲットなどでしたが、今後爆発的に増えるIoT機器がサイバー攻撃のターゲットになっているのです。既に世界中で感染した機器が50万台にものぼるそうです。

ウイルス対策が不十分なIoT機器も増えるでしょうし、アップデートされないIoT機器が無防備な状態で放置されることも増えてくるでしょう。今後IoT機器が増えればウイルスの感染台数は天文学的数字になってもおかしくないでしょう。

ミライウイルスはインターネットにつながる家電製品、防犯カメラ、ルーターなどのIoT機器を乗っ取り、踏み台としてサイバー攻撃を行います。IoTは工場の生産機器への応用などもされ注目されており、IoT機器はネット接続をするのが必然的となっています。

ミライによるサイバー攻撃は日本国内への攻撃も確認され始めているそうで、警察当局は警戒を強めているのが現状だそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>