webシステム・サービス

お名前.comのDNSを利用してさくらインターネットを利用するときのDNSレコード設定

お名前.com管理のドメインにDNSレコードを追加する実際の案件事例をもとに、どのように設定するかをご紹介します。と書きながら、実際は備忘録でしかありません。

さくらインターネットのDNSを利用すれば手間は無いのに、どうしてお名前.comのDNSを利用するかというと、TTLを短く設定したいからです。そうすることでサブドメインを追加したり、サーバを切り替える場合など、古いサーバを参照する時間を短くできるからです。これはどのサーバを利用していも同じことが言えます。
特にメールサーバの移行などは業務への影響が大きいので、TTLを短めにしています。しかし、あまりにも短いとDNSサーバの負荷が高くなってしまうので注意が必要です。

ちなみにTTLを確認するには
・nslookup コマンドを使います。(windowsを前提にしています)
・「set debug」と入力して「Enter」キーを押します。
・TTLを調べたい「ドメイン名」を入力して「Enter」キーを押します。
「ttl = 86400 (1 day)」などが表示されます。
ここの「86400」は86400秒を意味しますので、1日間はDNS情報がキャッシュされることになります。

ちなみに、私はTTLを300に設定しています。
参加したあるプロジェクトのwebサイトのTTLは60に設定されていました。

■ドメイン設定
さくらインターネットのサーバにドメイン設定を行います。
「ドメイン/SSL」>「ドメイン/SSL」>「ドメイン新規追加」をクリックしてスクロールすると「他社で取得したドメインを移管せずに使う」の「追加」をクリックします。
さくらインターネットとお名前.comの設定

追加するドメインを登録して「追加」をクリックします。
さくらインターネットとお名前.comのDNS設定
■DNS設定
お名前.comのDNSレコードに必要な情報を登録します。
ここでは割愛しますが、X-Serverの設定を参考にしてください。

■SPFレコード設定
さくらインターネットのホスト名を参照します。
さくらインターネット&お名前.comのDNS設定
ホスト名が「www0000.sakura.ne.jp」だとした場合のSPFレコードは
「v=spf1 a:www0000.sakura.ne.jp ~all」を記述します。
さくらインターネットxお名前.comのDNS設定
※注意
 www0000.sakura.ne.jp はさくらインターネットのホスト名
 branding-seminar.jp はドメイン名
 ですので、ご自身の環境に合わせて設定してください。
DNSを更新してDNSに内容が反映されたら
https://mxtoolbox.com/ にドメイン名を入力してSPFレコードが正しく設定されているか確認します。

お名前.comのDNSを利用してX-Server(エックスサーバー)を利用するときのDNSレコード設定前のページ

ECサイトの運営についてのメモ(送料)次のページ

関連記事

  1. webシステム・サービス

    ジンドゥー(Jimdo)って何?と思ったのでちょっと調べてみました。

    以前、サーバ移行などの取引をさせていただいたクライアントから久しぶり…

  2. webシステム・サービス

    Clubhouseのざっくりまとめ

    Clubhouseをインストールして使ってみて数日ですが、ざっくりど…

  3. webシステム・サービス

    中小企業デジタル化応援隊になりました

    デジタル化を促進したい中小企業とIT専門家をマッチングする中小企業基…

  4. webシステム・サービス

    音声SNSのClubhouseて何?と思ったのでちょっと調べてみました

    「Clubhouseに招待して」というFacebookの投稿を見て、…

  5. webシステム・サービス

    担当者は提案をしてくれるシステム会社を求めている

    今日もお客様や営業の来られる方などと話をしましたが久しぶりに「金子さ…

  1. テレワーク

    テレワークはPCさえあればできるって思ってませんか?
  2. テレワーク

    テレワークを耳にするので、過去の記事を探してみた件(その1)
  3. マーケティング

    Webマーケティング(コンバージョン)
  4. テレワーク

    テレワークを耳にするので、過去の記事を探してみた件(その2)
  5. テレワーク

    web会議はやめられない。でも現場は好き。
PAGE TOP