Clubhouseをインストールして使ってみて数日ですが、ざっくりどのようなものかをまとめてみました。

大前提として、iOS版用のアプリでAndroid対応はしていません。
(2021年5月18日からAndroid版の配信が始まりました)

【Clubhouseのざっくりしたまとめ】
1.ユーザーは自由に「ルーム」を作り、そこで複数人が音声で会話するアプリです。「ルーム」を作らなくても「ルーム」に入ることで会話を聞くことができて発言することもできます。

2.動画やテキストはありません。あくまでも音声だけのコミュニケーションツールでアーカイブも残りません。

3.ルーム参加者はモデレーター、スピーカー、リスナーと3つの区分けがあります。
 ◆リスナーは発言ができません。
 ◆スピーカーは発言ができますが何か言いたいときは手を挙げてモデレーターに許可してもらえると発言ができます。
 ◆モデレーターはルームを管理しているユーザーです。ルームを作った人やモデレーターが氏名したユーザーです。モデレーターは名前の前に緑色のバッジが表示されます。

4.ルームの種類はオープン、ソーシャル、クローズドの3つの区分けがあります。
 ◆オープンは誰でも参加できるルームです。
 ◆ソーシャルはフォローされているユーザーだけが参加できるルームです。
 ◆クローズドは指名されたユーザーだけが参加できるルームです。

5.友達や知人をフォローすることで、フォローしたユーザーが参加しているルームの通知が届いたり、ユーザーの状態(オンライン/オフライン)や参加しているルームが分かります。

6.友達を招待できる枠は2枠までとなっています。
ただし、ロームを作ったりモデレータになることで枠が増えます。
また、枠が無くてもお互いの電話番号がアドレス帳に登録されていれば、アプリをインストールして招待することができます。

音声SNSのclubhouseを使ってみよう

【Clubhouseでまずやること】
右上の自分のアイコンをクリックして、プロフィールを登録しましょう。

名前の変更とニックネームの変更は1度しかできません。
私はアルファベット表記を漢字表記に変えましたが、Firstnameに「篤史」、Lastname「金子」としたら、「篤史 金子」と表示されてしまいました。海外アプリのあるあるですね。みなさん気を付けましょう。

twitterやinstagramと連携できるので、連絡を取りやすいようにするため連携しておくことをお勧めします。