以前、サーバ移行などの取引をさせていただいたクライアントから久しぶりに連絡がありました。

内容としては、現行のサーバからジンドゥー(Jimdo)に移行したいとのこと。
自社で手軽にwebサイトを作成、管理できるようにしたいということですので、WordpressやMTなどのようにインストールや設定プラグインの設定選択が導入の壁になるCMSまでは必要ないと思います。
名刺交換した方がアクセスしてくるためのWebサイトで、Webからの問い合わせで取引をが始まることが少ない業種で商品が増えていくことも考慮すると、できる限り費用はかけずに簡単に更新ができる方法としての正しい選択だと思います。

ジンドゥー(Jimdo)とは何ものなのか。
名前は何度も聞いてい、手軽に始められるクラウド型のホームページ作成サービスという認識です。
サービス内容によって価格も違うようですのでwebサイトを確認したところ「ジンドゥー AI」と「ジンドゥークリエイター」とうサービスがありました。
サイトを見てもそれぞれの比較が無いので、少し調べましたので簡単にまとめておきます。

ジンドゥー AI ビルダーは「今すぐにでもホームページを完成させたい人向け」のサービスで、 ジンドゥークリエイターは「少し時間をかけてでも自分好みにホームページを作成したい人向け」です。
といった記述を見つけました。

AIビルダーはHTMLやCSSを知らなくても簡単にホームページが作れるような機能があって、色々な質問に回答するだけでおしゃれなホームページができるそうです。
クリエイターは、HTMLやCSSを使ってカスタマイズができるので、HTMLやCSSを理解していて自由に自分好みのホームページを作成したい方向けのようです。

まずはホームページを持ってみようと思う方はAIビルダーを選択肢て、HTMLやCSSを理解していてオリジナルのホームページを作りたい方はクリエイターを選択するのがよいのでしょう。